【デリヘル体験談】悶絶必須!清楚系熟女風俗嬢の極上フェラテク!

投稿日時:2015/12/29 閲覧数:4626 熟女・人妻 コメントはまだありません

鶯谷で遊んできましたよ

どうも、意識高い系男子の櫻井レンです。

意識が高い自分は12月に入ってすぐに年末のことを考えて大掃除を開始していました。
しかし始めてみるととても面倒くさいもので、徐々に「これは今日じゃなくていいや」「ここは来年またやろう」みたいな部分が出てきて、結局あんまり進みませんでした。

意識高い系男子でしたが、面倒くさがり男子でした。

というわけで、現実逃避をしようと思って、とある休日に鶯谷にやってきました
鶯谷といえばラブホテル街があることで知られていますが、もちろんそこで遊べる風俗店も充実しているのです。デリヘル・ホテヘルで遊ぶなら鶯谷に行けばとりあえずOKみたいな。

自宅でデリヘル遊びをしたくても掃除途中の汚い部屋で利用するわけにはいかないと思いましたので、今回は鶯谷のラブホテルで遊びます。

カレント

華恋人~カレント
http://ranking-deli.jp/8/shop/375/

デリヘル店探しはお馴染み「駅ちか」を利用。
鶯谷(東京)の人気デリヘルランキングTOP100
今回は大人の女性と遊びたい気分でしたので、ここは思い切って熟女系で遊ぶことに。
大人の女性にリードされてしっとり濃密なプレイを体験すれば、身も心もスッキリして、大掃除の続きも頑張れるかなっていう考えです。

まあ、なんだかんだいって、ただエッチな遊びがしたいだけなんですけどね!

というわけで、鶯谷のデリヘル店ランキングで1位になっていたお店の気になるお姉さんを選択。風俗店に連絡するとすぐに来てもらえるということでしたので、るんるん気分でラブホテルに向かったのでした。

本日のデリヘル体験

女の子

※写真はイメージです。

デリヘル嬢は暖かそうなコートに身を包み、落ち着いた雰囲気の熟女さんでした。
「今日はありがとうございます、よろしくお願いしますね」
丁寧な挨拶を交わし、最初は身近な雑談を繰り広げます。

彼女も一人暮らしで、年末の大掃除を頑張ろうと思っているがなかなか進んでいないということで、年末トークに花が咲きました。
「いざ始めると細かいところまで気になってしまって、のめり込んでいくうちに掃除が先に進まないんですよ」

もしかしたら彼女は潔癖症なのかもしれません。あんまり激しいプレイは期待できないのだろうか、とちょっとだけ心配になってきました。

熟女って濃厚なプレイを楽しませてくれるところが魅力だと思っているので、ただ熟女ってだけの女性には興味ありません。

しかし、それは杞憂に終わりました。
彼女のプレイは恥じらいのない、むしろ過激なものだったんです。
これぞ熟女の真髄です……!

「じゅぼっ、じゅるる、っん、っふう、じゅぶ」
熟女デリヘル嬢はエロい音をわざとたてながら男性のあそこに食らいつきます。

清楚な印象のあるデリヘル嬢でしたが、フェラチオする様子も決して下品じゃないんです。それなのにグイグイ積極的に責めてきて、エッチなんです……!

プレイが始まってから気付きました。
彼女は潔癖症なんじゃなくて、完璧主義者なんじゃなかろうかと。
自分のあそこを責めることに必死になってくれて、極上の快楽を与えようとしてくれる。そんな彼女の姿から、そう感じさせられました。

そしてこちらからデリヘル嬢のおっぱいを責めてみると「あぁん、だめよ、私が責めているのにぃ」と甘い声で快感の渦に飲まれそうになります。それでも必死にこちらを責めてくれたのが嬉しかったです。

最終的に熟女デリヘル嬢の五感を刺激するテクニックによって自分は元気よく射精することになりました。

結果的には望み通り、熟女にリードされるデリヘル遊びになりましたが、想像以上に彼女のテクニックが凄まじかったのと、それに合わせるように自分までガンガン熟女を責めてしまったので、ちょっと疲れちゃいました。

でも、デリヘル遊びで体力を消耗するのは、スポーツ終わりみたいな、達成感のある気持ち良い疲れです。彼女も息を荒くしながらにっこりした表情でこちらを眺めています。
鶯谷のラブホテルにて、充実したひと時でした。

そして自分と彼女は「年末の大掃除、頑張ろうね」と言って別れました。
たまには鶯谷のラブホテル街でデリヘルを利用するのも悪くありませんね。

風俗の備忘録

【場所】 東京都 鶯谷
【ジャンル】 熟女
【デリヘル店】 華恋人~カレントhttp://ranking-deli.jp/8/shop/375/
【時間・料金】 80分 20,000円
【一言】 清楚系で大人しい熟女も立派なテクニックを持ち合わせているから大満足。

↓↓↓その他、これまでに遊んだ体験談はこちら↓↓↓
【エロいデリヘル風俗体験談シリーズ】