好みじゃないデリヘル嬢をチェンジする方法と必ず気をつけること

投稿日時:2015/7/23 閲覧数:2286 風俗業界について コメントはまだありません

どうしても気に入らないデリヘル嬢はいるものです

デリヘルを利用する男性の中には、風俗嬢がかわいそうだから、または勇気が出なくて、気に入らない女の子がやってきてもチェンジできないって人が多いそうです。

その気持ち、よく分かりますよ!
写真を見ても顔が隠れていたり加工されていたりして、実際にやってきた女の子の印象が違うって経験を何度もしてきました。それでもチャームポイントがあれば自分は遊んじゃう質なんですけど、何度か勇気を出して「すみません、チェンジで……」と声をかけたことがあります。
やっぱりお高い風俗店であれば失敗も少ないと思いますが、値段がお手頃になればなるほど、どこか残念な女の子も紛れているんですよね。

しかしチェンジと伝えた時の風俗嬢の表情は何だか淋しげで、ちょっと後悔することもあるんです。そりゃあ、こちらは客で、デリヘルは商売なわけですから、気に入ったものを手にしたいと思いますけど、相手も人間ですからね。
その辺を昔、よく喋る風俗嬢の子に聞いたことがありました。実際にどう感じるのかなって。
ちょっとショックだけど、別にって感じかな~
と、その子は申していました。
あたしも好みじゃないホストには話しかけないよ
と聞いてもないことをついでに教えてくれました。

だから世の男性の皆さんも、納得がいかない子がデリヘルでやってきたら、勇気を出して宣言するほうがいいと思います。案外、気にしない子が多いらしいですから。
しかしチェンジも永遠にできるわけじゃありません。お店によってはその制度自体がなかったり、料金が発生したりしますから。その辺りも考慮した上で利用しましょうね。

結果的に良かったデリヘル嬢の話

女の子

ちょうど先週、千葉県にてデリヘルを利用した時のことです
指名ではなくフリーでお願いしたところ、……正直、微妙なラインの子が来たんですよね。
見た目は写真通り、華奢で活発そうな風俗嬢だったんですけど、中身は覇気がなくてちょっと落ち着いた感じ。気分は元気っ子に積極的なサービスをしてもらいたかったので迷いましたが、まあ悪くはないかと判断して、お願いすることにしました。

シャワーを浴びて、何からしてもらおうかなと考え始めたところで、いきなり自分のあそこを咥えてきました。さっきまでのどこか憂いを帯びたオーラはどこに置いてきてしまったのか、一心不乱に舐める風俗嬢
やっぱり明るそうな見た目を裏切らない、エッチなことは大好きな女の子だったのです……!!

それからは彼女の独走状態。最初から自分的には女の子にリードしてもらいたかったので、そのまま身を任せて気持ち良いサービスを受けていました。
人は見かけによらないというか、むしろ今回は見た目通りの子だったんですが、出会った瞬間の第一印象だけでは分からない魅力はあるなと改めて気付かされましたね。

もしこだわりが強くてチェンジを繰り返してしまったり、写真を吟味してしまったりする人は、ちょっとチャレンジするくらいの気持ちでデリヘルを呼んでみても良いかもしれません。自分の知らなかった魅力を引き出せる可能性が眠っていますよ!

チェンジするなら思いやりを忘れずに

手

最後にこれだけは変態紳士のレンさんから皆さんに伝えておきたかったんで書き残しておきます。
もしもチェンジをする時は、相手への思いやりを忘れずに!

先ほどは「デリヘルの子は意外と気にしてない」と書きましたが、全く気にならないわけじゃないと思います。申し訳無さそうに伝えるくらいが、紳士的な対応で良いんじゃないでしょうか。
お店に連絡する時も怒鳴らずに、「どうしても気になってしまって、すみませんがチェンジさせてください」くらいの低姿勢な感じが、スタッフに「次はチェンジされないようにしよう」という気持ちにさせるそうですよ。

ではでは、皆さんのより良いデリヘリライフを願っています!