乳首の色問題を解決!黒ずみ乳輪風俗嬢を引き当てない方法教えます!

投稿日時:2016/4/19 閲覧数:2216 風俗関連ニュース コメントはまだありません

乳首

どうして乳首の色が黒いのか

多くの男性は、女の子の乳首の色に敏感です。
乳首の色が黒いとビッチな印象を持ってしまい、萎えてしまう人も多数いますよね。

例えば、とあるAVに出演した声優さんの話題でも、乳首の色が取り上げられましたw
【 ラブライブ声優「新田恵海」AV出演疑惑を徹底検証【エロ画像あり】 】

風俗遊びをしている男性の中にも、乳輪はピンク色が良いって人は多いです。
ピンク色の乳輪を持った女の子だと、男性経験の浅い子って感じがするのかもしれません。

そもそも乳首の色って、なぜ黒やピンクなど人によってさまざまなんでしょうか。
本当に男遊びが好きな女性は乳首の色が黒ずんでいくものなんでしょうか。

まずはそこから確認してみましょう。

乳首の摩擦による黒ずみ

衣服などで乳首が擦れると、そこにメラニン色素が過剰に分泌されます。
これは、皮膚を守るために蓄積されていくためです。
いわゆる「乳首が黒い=ビッチ」とは、ここから考えられたもののようですね。

しかし、乳首の色問題は他にも原因があるんですよ。

妊娠や出産による色の変化

女性は妊娠すると乳輪の色が変化します。
これは女性ホルモンの影響によるものだそうです。
また、赤ちゃんが乳首を見つけやすいように色が濃くなるともいわれていますね。

例え男性経験がひとりだったとしても、子どもが産まれたら乳首は黒くなるようです。

年齢とともに乳首が黒くなる

これは人によって異なることみたいですが、年をとると乳首が黒くなる人がいるそうです。
皮膚の新陳代謝が悪くなり、古い角質が蓄積されて黒ずんでくるんだとか。
また、女性ホルモンの低下によって黒ずんでくるともいわれます。

一方で加齢とともにメラニンの生成が衰えてピンクになるという話もあります。
どちらにせよ、年齢によって乳首の色って変化するものなんですね。

紫外線を浴びると黒ずみができる

強い紫外線を浴び続けると、メラニン色素が過剰に発生するといわれています。
その結果、全身の肌と同様に乳首の色も黒くなってしまうそうです。

乳首がピンク色の子を見つけるポイント

ピンク色の乳首

実際にビッチな女の子は乳首の色が黒くなることもあるでしょう。
毎日色々な男にペロペロされたら、真っ黒な乳輪が目立つ子に育つかもしれません。

しかし乳首が黒いからといって、必ずしもビッチである訳じゃないことが分かりましたね。

乳輪の色は健康状態やホルモンバランスに大きく左右されます。
ピンク色じゃないからといってガッカリするものじゃないのでしょう。

しかし偏見ではなく、好みの問題として乳首の色を気にする人はやっぱりいます。
風俗嬢の乳首が黒いのはNG!という人のため、ここでは乳輪の色を見分ける方法を模索します!

人妻は選ばないほうが無難

子どもを産んでいると、それだけで乳首の色が黒い可能性が高まります。
控えめな色の乳首・乳輪が好みであれば、人妻は選択肢から外すのが無難でしょう。
逆に黒色が好みなら、妖艶な人妻のおっぱいに食らいついても良いかもしれませんね。

熟女はある意味ギャンブル

先ほども書いたように、年齢とともに乳首が黒くなる人もいれば、ピンクになる人もいます。
熟女の乳首の色は、見分けるのが難しいといえるでしょう。
ただ、自分の周りの人は、熟女と遊ぶと高確率でピンク色だったと言ってましたね。

黒ギャルは乳首が黒い可能性あり

ギャル=ビッチだという訳じゃありません。
純情な黒ギャルだったとしても、日焼けサロンで焼いているなら要注意なんです。
全身を小麦色に焼く代償に、乳首の色もこんがり黒くしちゃっているかもしれません。

肌の綺麗な女の子を見つけたら期待したい

風俗店の写真はパネマジがあるので判断が難しいところではありますがw
肌の白くて美しい女の子は、女性ホルモンが溢れていることもありピンク色の乳首を期待できます。

乳首の色に固執し過ぎないほうが良いかもしれない

黒ギャルの乳首

女の子の乳輪はビッチだろうが処女だろうが関係ありません。
その人が産まれ持ったものなのです。

乳首にこだわりの強い人は、ぜひプロフィール写真をじっくり見て判断してみましょう。

個人的にお世話になっている風俗検索サイトは割と大きい写真のサイトだと思います。
または気になるお店のホームページを訪れて、在籍嬢一覧をチェックしても良いですね。

ただ、今回紹介した見分けポイントも、あくまで黒ずみの原因から考えた見分け方です。
黒ギャルでも綺麗なピンク色の子はいるでしょうし、白い肌に真っ黒な乳首の子もいるかもしれません。

こればかりは実際に会ってみないと分からない部分だともいえます。
ぜひ乳首の色に過剰なこだわりを持ちすぎず、変な偏見を持たずに接してあげましょうね。