【デリヘル体験談】東京・新宿の学園系デリヘルでJK風の美女と恋人プレイ!

投稿日時:2018/6/15 閲覧数:401 エロいデリヘル・風俗体験談シリーズ コメントはまだありません

東京・新宿にて、買い物がてら街を散策していました。

その日は祝日ということもあり、家族連れや若者のグループなどで大混雑。

中でも僕の目を惹いたのが高校生カップルの姿です。

お互いにちょっかいを出し合い、腕組みをしながらルンルン気分で僕の前を通り過ぎました。

 

「いいなー。自分もあんな青春を送りたかったな」と羨望のまなざしで見ていると、

その高校生カップルが、まるで不審者を見るような目で僕をにらみつけてきたんです。

「なにあれー。こわーい」と彼女側が口に出し、彼氏にもたれるように新宿の街に消えていきました。

 

正直言って切なかったです。悔しかったです。悲しかったです。

あんなイチャイチャ歩いていたら、誰でも目に入るって話ですよ。

むしろ見せつけていたのはあのカップルの方だ!と無性に腹が立ってしまいました。

しかしイライラしたところでなんの解決にもならず、気持ちが落ち着いた頃に残ったのは、なんとも言えない孤独感だけ…。

 

これはまずい。心が折れかけていると思い、買い物を早々に切り上げ、デリヘルを呼ぶことにしました。

急な展開すぎると思う方もいるかもしれませんが、僕にとってデリヘルはかなり身近な存在なんです。

ムラムラだけでなく、人肌恋しくなったときや、悲観的になったときはすぐにデリヘルで気分転換。そんな日々を送っていましたから。

 

 

さて、と言うわけで今回は新宿の学園系デリヘルを体験してきました。(前置きが長くなってすみませんw)

新宿エリアでもトップクラスの人気店で、在籍している子は制服が似合う10代・20代の女の子ばかり!

その中でも気になったのは、Bカップで低身長の妹系・Tちゃん

普段は巨乳さんや、セクシーお姉さんの路線で遊ぶのですが、今回はなぜかロリっぽい子に甘えたいな~と思ったんです。

 

そんなこんなで行きつけのホテルで待機。

傷心した僕の心は果たして癒やされるのでしょうか。

 

 

制服が似合いすぎ!まるでリアルJKのような子とイチャイチャラブプレイ!

JK

 

 

到着したTちゃんは黒髪ポニーテールがよく似合う女の子でした。

ブレザーの制服もバッチリ着こなしていたので、現役のJKと密会している感覚がありました。

もの凄くイケナイことをしているなという感情がより興奮を高めてくれます。

 

シャワーを手短に済ませ、早速ベッドイン。もちろん彼女にはもう一度制服姿になってもらいました!

濃厚なキスを交わしながら、彼女の胸にもたれかかります。

おっぱいは小さいですが、甘い香りがして心地よかったです。

Tちゃんもノリがよく「どうしたの~。よしよし」と頭を撫でてくれましたw

 

今度は彼女の背後から、胸とお股を愛撫します。

手のひらにすっぽりと収まるおっぱいのサイズ感がなんとも愛くるしい。

パンツにもHな汁が染みこんでいました。

 

「んっ~ちょっとくすぐったい。あん、んふふ」

 

と恥ずかしそうに笑みを浮かべているTちゃんの表情も、

行為が進むに連れて徐々に艶やかな顔つきに変貌していきました。

パンツを脱いでもらい、指2本で彼女の中をかき乱します。

クチュクチュという音とねっとりとした愛液がどんどん溢れ出してきました。

 

「どうしたの~?さっきまであんなに甘えてたのにぃ」とTちゃんは笑みを浮かべると、僕を半ば強引に押し倒しました。

 

「今度は私の番だよ?」と舌を絡めた熱いキスをしながら、ムスコを優しく撫でてくれます。

 

そのまま僕の上に跨り、騎乗位素股をプレイ。

制服と下着をはだけさせ、純白な彼女の体をいやらしく愛撫します。

乳首が敏感なのか、コリっと刺激するたびに腰が反応していました。

その反動で、お互いの愛液にまみれたムスコに心地よい快感がうまれます。

 

「あんっ、すごい気持ちいいよ。もっと激しくしよ?」

 

Hに積極的なTちゃん。「あ~こんな彼女が欲しい」と頭の片隅で思いつつ、プレイに集中します。

彼女のプリっとしたお尻を、力強く揉みしだき、素股の動きを促します。

 

「あん、すごい!激しい、硬いのが当たってるぅ」

 

制服に彼女の汗が滲むほど、お互いの体は熱くなっていました。

それ以上に熱を帯びていたのが、今にも破裂しそうな黒光りしたムスコ。

 

「いつでも出してぇ、あん、気持ちいい!」

 

最初に会ったときのキュートな表情とは一変して、顔をしかめ悶える姿はかなりエロく、リアルでした。

ベッドがきしむほど、激しい騎乗位。押し寄せる射精感。

最後にこれでもかと体を動かし、ついにそのときを迎えました。

脈打つ鼓動のように、どくっどくっと精子が溢れ出てきます。

 

Tちゃんはそんなムスコを手に取り、手コキでゆっくりとクールダウンさせてくれました。

小さな手に白濁した液が絡みつきます。

 

「いっぱい出たね!」と満面の笑みを浮かべるTちゃんに心打たれました。

 

 

新宿の学園系デリヘルは最高の癒やしスポット

JK2

 

冒頭の苛立ちはどこへやら。ネガティブな感情やストレスは全部Tちゃんが解消してくれました。

体験した後も彼女のことを思い浮かべると心がポカポカします。まるで学生時代の初恋のようですw

 

学園系のデリヘルは久しぶりに体験しました。特にTちゃんのような、

いわゆるロリ系の女の子はあまり指名しないので新鮮なプレイができたと思います。

 

甘えるならお姉さん系がいい!と思っている方にこそ、ロリ系・妹系の女の子を試していただきたいです!

想像以上の癒やしと幸福感が得られますよ!

 

新宿の学園デリヘル。辛くなったときはまたお世話になります!w
↓↓↓その他、これまでに遊んだ体験談はこちら↓↓↓
【エロいデリヘル風俗体験談シリーズ】