【デリヘル体験談】東京・五反田の手コキ店で手軽にスッキリ!

投稿日時:2018/6/20 閲覧数:456 エロいデリヘル・風俗体験談シリーズ コメントはまだありません

先日、仕事の都合で東京都・五反田に訪れたときのことです。

 

五反田と言えばピンサロ激戦区として有名。俺も何度もお世話になったことがありますw

この日もいつもの流れでピンサロに赴こうと思ったのですが、ふとこんなことが頭に過ぎったのです。

 

「そういえば五反田エリアのデリヘルって利用したことないような…」

 

そうなんです。五反田=ピンサロというイメージが強すぎて、デリヘルのことがすっかり抜け落ちていました!

これはいい機会だと思い、路線変更!

五反田のデリヘルで遊んでみることに♪

 

ただ、もともとピンサロに行くつもりだったので、手持ちがあまりなかったんです。

そこで今回は手ごろな料金で楽しめる手コキデリヘルをチョイス。

なんでも寸止めがウリの痴女系手コキ店とのことw

ワクワク感で胸を躍らせつつ、早速お店に電話して予約完了!

オプションでトップレスのみ追加しました。

 

風俗店がひしめき合う五反田の手コキ専門店、果たしてその実力とはいかに…。

 

発射寸前の気持ちよさを何度でも。寸止めされまくって暴発不可避!

セクシーお姉さん5

 

ホテルにやってきたのは、アラサーくらいのセクシーなお姉さん

おっぱいも大きく、オプションでつけたトップレスが生きるなと思わずニンマリw

手短にシャワーを済ませ、彼女のハンドサービスを満喫します。

 

ますは根元からじっくりと優しくコキコキ。

触れるか触れないかというほどの力加減だったので、こそばゆくもしっかりと気持ちいいんですw

 

「かわいいオチ●ポですね~。どのくらい大きくなるのかな~」

 

と軽い言葉責めがHなムードを演出してくれます。

そんなムードの中、どんどん勃ちあがるムスコ。我慢汁も少しずつ出てきました。

カリの部分をひと差し指で1本での刺激、これがかなり気持ちいいんですw

 

「あぁん、もうHな汁が出てきてますね~、まだイッちゃだめですよぉ?」

 

イッちゃだめと言いつつも、彼女のしごきはさらに激しさを増してきました。

根元から先っぽまで、両手で包み込むように握り、上下へ力強く刺激されます。

我慢汁がクチュクチュと良い感じに潤滑油となっていました。

 

徐々に高まる射精感。「イキそう!」と彼女に伝えると、ムスコをギュッと握り寸止め。

俺は腰に力を入れ、グッと堪えました。

 

「まだ出さないでくださいね?何回も寸止めしたら、もっと気持ちよくなりますよぉ」

 

このねっとりとした言葉遣いが、かなりいやらしく、こちらもMっ気が増して

「早くイキたいです~」と自分もその世界観に入り込むことができましたw

やっぱ雰囲気作りって大事ですね。さすがプロです!

 

その後も睾丸責め→亀頭責め→寸止め→逆手手コキ→寸止めと繰り返し、我がムスコは暴発寸前まで膨らみました。

「そろそろイキたいです」と彼女にお願いすると、

 

「何回も我慢したから、最後は思いっきり激しくしますね~」

 

と右手で亀頭をしっかりと握り、左手は根元でムスコの皮を押さえつけてくれました。

むき出しになった先っぽに、今日一番の刺激が与えられて射精感はすぐに押し寄せてきました。

その快感に、「あぁ、出ます!」と声を荒げてしまうほど。

 

「いいですよ!たくさん出して!気持ちよくなって!」

 

その瞬間、白濁とした液体がムスコから勢いよく発射されました!

オナニーのときとは、出る量も快感も比べ物にならないほどw

 

個人的にうれしかったのが、射精中もしっかりしごき続けてくれたことです。

たまに射精すると手の動きを止めてしまう風俗嬢がいるので、

毎回「まだ(手コキを)続けて!」と必死になるのが恥ずかしかったものですからw

でもさすが手コキ専門店、その点はしっかりと押さえてあったみたいです。

 

射精した後も、丁寧にクールダウンさせてくれて、サービスもグッド♪

痴女っぽいムードを終始作り出してくれたキャストさんにも拍手を送りたいですねw

しっかりと「淫乱痴女にムスコを弄られている」というシチュエーションを満喫できたと思います!

 

五反田はピンサロ激戦区という店舗型風俗のイメージがありましたが、安く手軽に利用できるデリヘルも充実しているんですねw

これからは給料日前にお世話になるかもしれないので、五反田風俗は定期的にチェックしておこうと思います!

東京にお住まいの方は五反田の手コキデリヘルを一度試してみてはいかかがでしょうか?

 

 

↓↓↓その他、これまでに遊んだ体験談はこちら↓↓↓
【エロいデリヘル風俗体験談シリーズ】