【米俳優】チャーリー・シーンのHIV感染について【性病知識】

投稿日時:2015/11/18 閲覧数:1112 エッチなアダルトニュース コメントはまだありません

アメリカの有名俳優がHIV感染を告白

米俳優のチャーリー・シーンがテレビ番組に出演した際に、HIVに感染していることを打ち明けたそうです。

チャーリー・シーンさんは17日、アメリカのテレビ番組の中で、「エイズウイルスに感染していることを、今ここで認める」と述べ、4年ほど前にエイズウイルスの感染が確認されたことを明らかにしました。また、シーンさんはまだ発症しておらず、感染ルートは、はっきりとは分からないと説明しました。

引用:NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151118/k10010310421000.html

これは映画関係者にとって衝撃的なニュースだったそうで、特に「女好きのチャーリーが4年前から性病にかかっていたということは、それを知らずに肉体関係を持った女性たちから訴えられるのではないか」という心配がされているそうです。

今年で50歳だというのに、そんなに多くの女性と関係を持っているのか、というところにも驚かされた、今朝のニュースでした。

HIVってどんな病気?

女の子

そもそも「エイズ」とか「HIV」とかって言葉はよく耳にしますが、どういったものなのでしょうか。意外と知らない人も多いと思います。
なんか怖い病気らしい、それはセックスをすると移るって聞いたことがある……このレベルでは、本当の恐ろしさはわからないので侮ってしまいますし、逆に極度な怯えに苛まれてしまうかもしれません。

HIVとは、ヒト免疫不全ウイルスともいいますが、要するに人が持つ免疫細胞を破壊してしまうウイルスです。それに感染してしまうと、普段だったらどうってことない病気にもかかりやすくなってしまいます。
このHIVというウイルスによって病気になってしまう状態をエイズまたは後天性免疫不全症候群と呼びます。

世の中にはたくさんのウイルスがあって、人体にはそれに打ち勝つための免疫力が備わっています。それが低下して色々な病気にかかりやすくなるということは、風邪なんかよりもっと悪質なものもたくさんあって危険なのです。非常に恐ろしいですね。

HIV感染から、実際に発症するまでには潜伏期間もあるようなので、不安な場合は定期的な検査が有効です。
早期発見は、症状が悪化しないように対処することもできますので、性病を軽んじたり、独りで不安になったりせず、すぐに検査するのが吉ですよ。

性病に関しては、こちらの記事もぜひどうぞ。
風俗で遊ぶなら頭の片隅に置いておきたい病気の意識

安心してください、大切なのは正しい知識です

とにかく明るい安村

性病の話になると、楽観視する人よりも極度に怯えてしまう人のほうが心配になってしまいます。
別に性交渉が悪い訳じゃないですし、ましてや風俗は性病の巣窟ではありません。

しっかり知識を持っていれば、無駄に怯える必要はありません。風俗だって世の中にこれだけのお店がありますけど、誰も彼もが感染するわけではないのです。

怪しいデリヘル店には手を出さないのも、予防のひとつですね。
個人的にオススメする安心安全の「駅ちか」
衛生面や女の子の検査が行われているか、お店を選ぶ際にはそういった点も確認してみてはどうでしょうか。たいてい不安なデリヘル店っていうのは、サービス面や女の子の質も劣るから、すぐに分かるでしょう。