【閲覧注意】媚薬や危険ドラッグによるキメセクは気持ちいい?【画像あり】

投稿日時:2018/11/1 閲覧数:295627 エッチなアダルトニュース 14件のコメント

【 目次 】
01 芸能人もハマる「キメセク」とは?薬物を使ったセックスの闇
02 危険ドラッグや覚醒剤がもたらすキメセクの効果
    危険ドラッグや覚醒剤によるキメセクの快感体験談
    危険ドラッグや覚醒剤によるキメセクがもたらす恐怖~禁断症状とは~
03 キメセク中毒になった美女たちの話
04 キメセク依存の淫乱画像集
05 キメセク・危険ドラッグのない生活

芸能人もハマる「キメセク」とは?薬物を使ったセックスの闇

危険ドラッグという名前もいつの間にか定着してきた昨今。定期的に朝のニュースや昼のワイドショーなどで、警察の摘発風景を見かけます。

大麻や危険ドラッグやシャブ(覚醒剤)は、いわゆる違法薬物のことです。世間一般的に「使っちゃダメ!」という認識が広がっていますよね。それなのに、いつの時代も危険ドラッグや覚醒剤を使用する人たちが後を絶ちません。

そして、危険ドラッグや覚醒剤などの違法薬物は芸能界やヤクザの世界だけで広まっているものではないという危機感を抱きましょう。もしかしたら身近にも、違法薬物中毒の人がいるかもしれないんですよ。

たとえば、普通にスーパーで買い物をしている主婦や、予備校に通って受験勉強を頑張る学生といった一見違法薬物を使用していなさそうな人も、手を染めている可能性があります。

さらにASKAさんやのりぴーこと酒井法子さん小向美奈子さん清原和博さん……。
大舞台で活躍してきた有名人たちも違法薬物の魅力から逃れられませんでした。

「ダイエットに効果があるよ」、「集中力が高まるよ」などの文言で、売人や誘ってくれた仲間から薬物を勧められるのだそうです。中には違法薬物と知らずに利用してしまい、どんどん溺れてしまう……そんなパターンも多いんだとか。

しかし違法と分かっていながら、なぜ人々は危険ドラッグや覚醒剤に手を出すのでしょうか。

彼らを夢中にさせたもの、それは薬物そのものではなく、危険ドラッグや覚醒剤をキメた後に行われる「キメセク」だともいわれているのです。

キメセクとは、媚薬や覚醒剤を使用し酩酊状態でセックスをすること。通常のセックスでは味わえないような、強烈な快感を得られるんだそうです。よって、一度キメセクをしてしまうと再びその快感を味わいたくて、何度も薬物に手を出してしまうのではないでしょうか。

以前媚薬の作り方について記事を書きましたので、こちらもご覧ください。媚薬であれば薬物と異なり違法ではないため、合法的に擬似キメセクができるかも……?ただしキメセクには危険が伴います。今回の記事でしっかりとご紹介していますから、そちらを読んだ上で自己責任で行動してくださいね。

<関連記事>
完全版!簡単な媚薬の作り方~本当に効果のある魔法のエロ薬11選~

そういえば酒井法子さんも、パートナーに勧められて覚醒剤に手を出したんでしたっけ。ASKAさんは愛人と一緒にマンションの一室で逮捕されました。押尾学さんも、部屋でホステスと危険ドラッグを使って、禁断症状に陥ったホステスを見殺しにした罪などで逮捕。高島礼子さんと結婚した元俳優・高知東生さんも知人女性とラブホで使用していました。

このように芸能人は危険ドラッグや覚醒剤などの違法薬物とセックスの密接な関係を臭わせていますw

それだけキメセクは一度体験してしまうと、その魅力から逃れることができないのでしょう。

危険ドラッグや覚醒剤がもたらすキメセクの効果

キメセク効果

多くの人を虜にしてしまうキメセクは、どれほど気持ちがいいものなのでしょうか。
ここでは、危険ドラッグや覚醒剤によるキメセクの快感、そして恐怖についてご紹介します。

危険ドラッグや覚醒剤によるキメセクの快感体験談

調べてみたところ、「恋人とキメセクしたらヤミツキになってしまった」といった話がゴロゴロしていましたwそこで、いくつかキメセクの体験談をご紹介します。

【体験談1】
「シャブをやっていると、すっごくセックスしたくなっちゃうの。初めて会った人にも『抱いて』とか言って行っちゃう。セックスは、何度も何度も上り詰めて、ずっと死ぬまでくっついていたくなる。」

【体験談2】
「覚醒剤をやると必ずセックスしたくなります。全員かどうかは知らないけれど、そういう人は多いようです。私の場合、これは覚醒剤だけで、コカインのときにはそういう気持ちにはなりません。

【体験談3】
「覚醒剤が入ると性欲が高まり、マスターベイションが止まらなくなります。徹夜してやり続けて、最後には尿道から出血したり、包皮が赤く腫れ上がったりするまでやめられません。たいていはその後に膀胱炎になります。」

【体験談4】
「20歳になったら、シャブは止めようと思っていました。28歳の現在でも、シャブと売春から抜けられません。シャブを買うために売春し、売春を続けるためにシャブを使うのです。」

※赤城高原ホスピタルHP(http://www2.gunmanet.or.jp/Akagi-kohgen-HP/DR200_2.htm)より引用

このように、覚醒剤や危険ドラッグを使用すると性欲が一気に高まり、セックスをしたくなるという感想が多かったです。やはりキメセクの快感を一度知ってしまったら、自分でも抑えがきかなくなってしまうのでしょうね。

危険ドラッグや覚醒剤によるキメセクがもたらす恐怖~禁断症状とは~

しかしキメセクがもたらすのは、快楽だけではありません。

先ほどの体験談を見て分かるように、薬物に依存してしまい、抜け出せなくなってしまうのです。もうキメセクはやめたほうがいいと思うのに、またあの快感を求めてキメセクしてしまう……。これは、危険ドラッグや覚醒剤の依存性が強烈すぎることにあります。

「私はすぐにやめられる」「一度だけなら」と安易な考えで手を出してしまっても、薬物の依存によって何度も同じことを繰り返してしまいます。薬物は何度も使用すると、その効果がだんだん薄れていき、以前のような効果を求めてさらに量を増やしてしまうのです。そして薬物を中断すると現れてしまうのが、禁断症状と呼ばれるもの。

禁断症状は不快感や情緒不安定、疲労感、不眠、興奮といった精神症状、そして吐き気、発熱、下痢、筋けいれんなどの身体症状が現れます。激しいときは、最悪死に至る場合も。こうした禁断症状から逃れるためにも、使用者たちはまた薬物を求め、そして使用してしまうみたいです。

違法薬物は直接脳に作用するものらしく、中枢神経を破壊して人に快楽を与えてくれるんだそう。

つまり「脳に快感を刻みつけて忘れられない」のではなく「脳を破壊して逃れられない」というわけです……!

だから「カラオケ楽しい!毎日でも通いたい!」みたいなノリでキメセクは語れないみたいです。バカになった頭では危険ドラッグや覚醒剤がないと耐えられず、キメればキメるほど禁断症状も出てくる……。そんな悪循環が始まってしまいます。

依存とは簡単にいいますけど、自分の意志でどうにかできるものではありません。一度ハマったら抜け出せなくなってしまいます。実際に、キメセクは苦痛もありますがそれ以上に気持ちいいみたいですから、その快感を知ってしまったら最後。これまでの健全な自分に戻るというのはほぼ不可能なんです。

そして何より恐ろしいのは、自分が蝕まれるだけでなく、薬物によって引きおこされる幻覚や妄想によって、他人を傷つけてしまったり殺してしまうという凶悪な事件に発展するケースも。自分が気持ちいいからと薬物を乱用していると、だんだんとエスカレートしていき自分だけでなく周りの人たちにも被害が及んでしまうんです。

どんなに薬物やキメセクに興味があったとしても、実際に亡くなっている人や今も後遺症で苦しめられている人たちがいます。その恐ろしさを絶対に忘れないでくださいね。

キメセク中毒になった美女たちの話

キメセク美女

これは自分の経験則ではないのですが……。キメセクにハマるのは圧倒的に女性が多い」という知り合いがいました。

その知り合い曰く、キメセクし始めると男女ともに、バカにみたいにセックスし続けてしまうそうです。男性は精液を出し尽くし、女性はマンコが赤く腫れ上がっても快楽を追い求めてしまう……。とにかくエッチに夢中なんだとか。

薬物には覚醒剤やMDMAなどいろいろな種類がありますが、相性は人それぞれ。もしもピッタリ当てはまる薬物と出会ってしまうと、もう抜け出せないみたいです。

ここで、知り合いから聞いた「とあるキメセク中毒の人の話」をご紹介します。

その人は整った顔立ちをしていて、女の子に困ることはありませんでした。そして捕まえた美女にいつも、こっそり危険ドラッグを使用していたんです。

普段とは違う高揚感、ぶっ飛ぶほどの快楽、それをマンコに教え込まれる……。その結果、女の子はみんなキメセク中毒に。キメセクをして、その快感に溺れてしまうんだそうです。

彼とキメセクした女性は誰でも、その気持ちよさが忘れられなくなっちゃうんだとか。定期的に彼とセックスしたくて連絡する子がいたり、彼のもとを離れていろんな男を食い荒らす痴女と成り果てたり。

彼が最後にヤッた女の子は、元々清楚系の綺麗な人だったそうです。

凛とした可愛らしい女の子に、キメセクでイキ地獄を見せてやろうとしたとのこと。その結果、ぶっ飛んだ顔で体を痙攣させ続け、2日くらいセックスしたらしいです。手でいじれば大洪水、ぶっこめば大声で鳴き、男が休んでいる間も1人でオナニー。

きっとキメセクは人生最大の快感を味わえるんでしょうね。
しかし同時に、大事なものを失う代償があります。

知り合いから聞いたその男は逮捕されたそうなので、その後はどうなったのか知りません。この話を聞かせてくれた知り合い曰く、彼が最後にヤった女の子は今、ヤリマンとしてセフレを作りまくっているそうですw女の子にとってキメセクって、そんな強烈な快楽を与えるものなんですね~。

もしかしたら素敵な男性と結婚して幸せな家庭を築けたかもしれない人生。しかし、たった一度のキメセクによって淫乱痴女へと変えられてしまい、その女の子はどん底の人生を送る羽目になってしまったんです。

改めて、キメセクの恐ろしさを思い知らされました。こうなりたくない人は、絶対に薬物には手を出してはいけませんよ。

キメセク依存の淫乱画像集

キメセクってかなり過激だと思いつつも、なかなか想像がつかないと思うので、ここでキメセク真っ最中の女性の画像をぜひご覧ください。

キメセク女性1

キメセク女性2

キメセク女性3

キメセク女性4

キメセク女性5

キメセク女性6

キメセク女性7

キメセク女性8

キメセク女性9

キメセク女性10

キメセクしている女性って完全にヤバイ気がするのは自分だけでしょうかw正直あまりエロさを感じないんですけど、実際男女とも危険ドラッグに手を出していたら相手がどんなにヤバい顔をしていても、それ以上に快感を追い求めてしまうのかもしれません。だから気持ち悪いくらい感じまくって、よだれを垂れ流しながら快感に溺れてしまうんですね。

傍から見たらドン引きしてしまいそうな光景でも、当人たちは気持ちよくて仕方ない。それがキメセクというものなんでしょう。本当に恐ろしいです……。

個人的には、ここまでイキ狂っている様子を見ると、キメセクしたいなとは思わないかなぁwww

キメセク・違法薬物のない生活

キメセクのない生活

最初に触れたように、危険ドラッグや覚醒剤といった違法薬物は意外と身近なところにあります。決してテレビの向こう側の話ではありませんし、ましてやフィクションでもありません。

自分の身近でいえば、風俗業界でも裏でキメセクしちゃう人がいるそうですよ。たった一度だけのつもりがハマってしまい、もはやそれじゃないと物足りないとさえ感じてしまうんだとか。

「キメセクは気持ちよさそうだけど、違法薬物に手を出したら今の自分に戻ることはできない。一生の幸せを失って一時の快楽を手にするか、それとも今の自分や生活を大切にするか。今ならその選択ができる。手を出してしまったら、とことんどん底に突き進んでいくだけ」

この認識は頭の片隅に置いておきましょう。キメセクの誘惑に絡め取られたら、なかなか戻ってくるのは難しいです。もしこの先、誰かがあなたに違法薬物の使用を勧めてきたら、ぜひこういった違法薬物に手を染めて人生を台無しにしてしまった人たちを思い出してください。

人は快楽に弱い生き物です。
一度でも手を出せば脳が壊れてシャブ漬けから抜け出せなくなってしまいます。誰も責任は取ってくれません。自分の人生を天秤にかければ、自ずと答えは出てきますよね。違法薬物によるキメセクは絶対にやめましょう。

普通のセックスじゃ満足できないけど危険ドラッグには手を出したくないという方は、こんな記事もチェックしてみてくださいね!

<関連記事>
【ホテヘル体験談】潮吹き地獄!バイブ三昧!イキ狂う美女のいる風俗

精力剤・勃起薬はエロい男の万能薬なのか~服用の疑問を解決しよう~

キメセクのようなエロ過ぎる過激プレイが好きなら、風俗遊びも検討してみてください。風俗であれば、合法的にエッチなプレイも可能。もちろん本番は禁止ですがw彼女や奥さんじゃ遊んでくれない変態プレイでも、風俗嬢なら積極的に楽しませてくれます。

とことん痴女が大好きな男性は人気風俗店のランキングもチェックしてみましょう。
自分はドラッグを使ったことはないですが、その代わり風俗漬けの生活ですwエッチが大好きな男性はぜひ利用してみてくださいな。